用途別製品一覧

排水処理施設の悪臭対策に、化学反応ですばやく脱臭します。

下水、し尿処理場や各種事業場の排水処理施設で発生するさまざまな臭気は、周辺住民の苦情となる可能性が高く、的確な対応が求められます。排水処理用途における「アメニクリーン」は、原因物質を化学反応させることで無臭物質に変化させ、悪臭を発生させないようにします。新たに排水処理施設以外でも使用可能な特殊型も取り揃えました。

イメージ画像と商品写真(ビーカー入り液体)

アメニクリーンの特長

悪臭の原因物質を化学反応で確実に除去します。

化学反応により、悪臭の原因物質である硫化水素、メチルメルカプタンを無臭物質に変化させ、悪臭を確実に除去します。
噴霧可能なタイプも取り揃えました。

微生物の活動を抑制し、腐敗の進行を止めます。

硫化水素やメチルメルカプタンは、汚泥などの腐敗の進行に伴って連続的に発生します。腐敗の原因となる微生物の活動を抑制することで、悪臭を発生させにくくします。

少量で効果を発揮。低コストで運用できます。

「アメニクリーン」は、他の脱臭方法と比較して少量で効果を発揮します。したがって、排水処理施設の既存の設備や工程を変更する必要がなく、低コストで運用できます。

機器の腐食防止や作業環境の改善にも役立ちます。

原因物質を除去することで、機器の腐食防止やコンクリートの劣化防止、重力濃縮槽の汚泥浮上防止のほか、作業環境の改善など、脱臭以外の効果ももたらします。

特殊成分により使用範囲が拡がりました。

特殊型は、従来のアメニクリーンでは性能、成分的に対応できなかった臭気に対し、効果を発揮します。
 

適用例(下水処理場)

主な適用場所(下水処理場)の図

添加による脱臭

■測定方法

アメニクリーン130REを汚泥に添加し、脱水機から排出された脱水ケーキをポリ瓶に取り、25℃の恒温槽に保存して悪臭成分を測定。

■測定結果

実施例2の測定結果の表(画像)

アメニクリーンのご使用にあたって、各種装置のご提案もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

使用基準

添加/50〜500ppm(原液)添加で使用する
散布/1000〜3000ppm(原液)散布で使用する
※使用タイプ別の希釈倍数、添加率の基準です。
実際の臭気に応じて最適の使用方法・使用量を
ご提案させていただきます。

ここで改ページ

主要製品一覧

アメニクリーン:主要製品一覧

実施例


■アメニクリーン使用装置


■脱水ケーキコンベアに散布


■送泥管に添加

ゲンブ株式会社

取り扱い上の注意および保管上の注意

1.本製品を試験室、または製造現場でご使用になる場合は、使用前に必ず当社発行の製品安全データシート(MSDS)を熟読の上、記載された注意事項などを厳守してください。

2.ご使用の際はゴム手袋、保護メガネなどの保護具を着用し直接手に触れないようにしてください。

3.誤って皮膚についたり目や口に入った場合、清水で十分洗い流した後、専門医の処置を受けてください。

4.他の薬品と絶対に混合しないでください。また、酸、アルカリ、塩素剤と一緒に保管しないでください。

お願い

1.この資料に記載しているデータは、当社の実験的試験資料に基づくものですが、実際の現場使用結果を保証するものではありません。現場での使用に当たっては事前に使用条件、使用方法およびこれらの条件下での効果をご確認ください。

2.記載内容は、新しい知見などにより、改正されることがあります。

2014.10.01